あまり知らないプリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワーってご存じでしょうか?フラワーというくらいなので、花の事というのはイメージできますが、いったいどのようなモノなのでしょうか。こちらでは、ショップでも取り扱っている素敵なプリザーブドフラワーの不思議な魅力である特徴をご紹介します。

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーの特徴として、特殊な加工によってできた枯れる事の無いと言われている花の事です。枯れない花というのは、おとぎ話の世界の中の事の様に思えますが、実際にプリザーブドフラワーという形で存在しているようです。しかも造花では無く、本物の花を使っているというのが第一の特徴といえるでしょう。

特殊な液につける事でこのような花を作る事ができるのだそうです。

このプリザーブドフラワーですが、枯れる事は無いと言っても、生花よりも長持ちするのが特徴と言うことのようで、花びらへの傷や湿気等での花の痛みはあるようなので、乱暴には扱わない様にした方が良いようです。

このプリザーブドフラワーは、結婚式の時のウェディングブーケに使ったりウェルカムボードの周りの飾り付け、リングピローのオシャレな花のアクセントなど色々と活用できるのも特徴の一つ。もし、購入を予定しているのならお勧めですのでチェックしてみて下さい。

もっとたくさんプリザーブドフラワーの特徴いろいろ

特徴:長生き

プリザーブドフラワーの大きな特徴と言えば、やはり生きている花よりも長持ちすると言うことだと思います。

一度綺麗に飾り付けをすれば、長い間観賞することができるので、一番綺麗な状態の花の美しさをずっと楽しむことが特徴。

ダメ特徴:直射日光は苦手

しかしこのプリザーブドフラワーですが、湿気や直射日光には弱いとうのはダメな特徴の一つのようなので、あまり良い条件では無いような場所に飾っていると、プリザーブドフラワーの寿命は短くなってしまう事もあるようです。

特徴:水やりいらず

またプリザーブドフラワーは、水やりもしなくていいのも特徴です。生花ではできなかったアレンジのブーケなども作れるのではないでしょうか。水をあげる事を考えないで好きなように、好きな場所にプリザーブドフラワーを使うことができます。花なのに湿気や水はダメというのは、不思議な感じがしますが、家にプリザーブドフラワーを飾るときにも水をあげないで良いので、普段は手の届かない水やりもできないような所に花を飾ってみたりして綺麗な花を楽しむ事ができます。

これだけだと、水をかける事ができる場所に花を飾りたいのなら、プリザーブドフラワーではなくて普通の生きている花でも良いのでは?と思ってしまいますが、プリザーブドフラワーには、普通の花には無い特徴もあります。

特徴:好みの色でアレンジできる

それは、好きな花の色を選べると言うことです。普通の生きている花でも色は選べるよ!と言ってしまいそうですが、このプリザーブドフラワーと言う花は生きている花の種類で出ることの無い花の色を出すことも可能のようなので、見たことの無い花の色でのブーケや飾り付けも楽しむことができます。また信じられない事にグラデーションのプリザーブドフラワーもあって飾り付けのアクセントにはもってこいだと思います。

そして自然界では、絶対に見ることができない花だと思いますが、なんと暗闇で光るプリザーブドフラワーもあるようです。結婚式の時に、光るプリザーブドフラワーのバラを沢山用意して、暗闇に光るバラをバックに新郎新婦の登場なんて演出も意外性があって面白いのでは無いかと思います。

様々な魅力ある特徴をもつプリザーブドフラワーで、こだわりの演出や飾り付けをして、思い出の結婚式に花を添えると言うのはいかがでしょうか。

Favorite

最終更新日:2015/2/25