ウェルカムボード選び

ウェルカムボードと一口に言っても沢山の種類があって迷ってしまいそうですし、同じ形や種類でも、色が違うだけで大きく見え方が違ってきたり、イメージと違ったり、豪華で値段も高いウェルカムボードは、値段に見合ったクオリティで仕上がって来ると思いますが、全く目立たないモノならウェルカムボードの役目を果たしてはいません。

逆に安くてもセンス一つでオシャレな案内板になってくれるかもしれません。

ウェルカムボード選びをするときに見ておきたいポイントをいくつか紹介していきます。

ウェルカムボードを選ぶ

ウェルカムボードを選ぶ時に見ておきたいポイントの一つとして一番最初に思いつくのは、やはり結婚式場の雰囲気や自分がこうしたいと思う結婚式のテーマに合わせて選ぶと言うことです。

ウェルカムボードは、自分たちが招待したお客様達を一番最初に迎えてくれるものです。

このウェルカムボードを見てから、皆さん式場や披露宴会場、アフターパーティー会場へ入っていきますから、ウェルカムボードと各会場の雰囲気が違ってしまうと、会場を間違ってしまったかな??と思ってしまうかもしれません。会場や作りたいイメージ等も頭に入れてウェルカムボードを選ぶことは大事な事です。

大きさ

次のウェルカムボード選びのポイントとしては、ボードの大きさを考えなければいけません。

「別に式場で使うんだから目立つように大きなウェルカムボードで良いんじゃない。」と思ってしまいがちですが、せっかく名前入りで結婚の記念に残る気に入ったウェルカムボードを作っているのに、結婚式当日の1日しか使わないのは、少しもったいない気がします。

ウェルカムボードを作ってもらうのも安い値段でできるワケではありません、デザインや細部にまでこだわったウェルカムボードにするならなおさらもったいないと思いませんか?

ウェルカムボードを選ぶ際の大きさを考える時には、会場でも場所がわかるウェルカムボードとしての機能性を失わない大きさでありながら、なおかつ結婚式やパーティーが終わったあとでも家に飾る事ができる大きさを選ぶとインテリアとしても使うことができるので、せっかくこだわって作ってもらったウェルカムボードをホコリまみれにしないで済みます。

素材

そして、次のウェルカムボード選びのポイントとして素材があります。ガラス製のモノやウッド調のウェルカムボード、額に入ったモノ、写真を使ったモノなど、種類は実に様々です。これらの中から素材だけを選ぶのも結構骨の折れる作業かもしれませんが、納得いく結婚式のためです。頑張りましょう。

ウェルカムボードの素材を見る時には、やはり素材自体が持つイメージを大切にしながらも、会場の雰囲気に合わせたモノを選ぶ事が大事です。ガラス製のウェルカムボードなら高級感漂うイメージになりますし、ウッド調のモノなら柔らかく温かいイメージがあります。

額に入ったモノの場合には、額のイメージとウェルカムボード自体でシックにも明るくもなります。写真を使ったモノも額を使った場合と同じように、写真のイメージによって変わって来ますが、写真の方がよりイメージがつかみやすいと言った事があります。

季節やデザイン

他には、結婚式を行う予定の季節をイメージしながら、その季節のイメージカラーでぼやけてしまわない色を選ぶ事や、デザインも会場やイメージと合わせながら考える事、そして「ウェルカムボードにはあまりお金を使えないから安いモノで良いよ」と言った場合でも、ウェルカムボードの周りにプリザーブドフラワーや造花、写真、気の枝、ぬいぐるみ等で式場のイメージと合わせながらデコレーションしてあげる事で、オリジナルのウェルカムボードを作る事ができます。

こういったポイントを抑えながら、ウェルカムボードを選ぶと式場のイメージとも合って、自分たちも満足いくウェルカムボードで、お客様をお迎えできると思います。